借金ばかりを繰り返す親と縁を切ることはできるのか

親が借金を繰り返す度に迷惑をかけられるという子供というのは少なくありません。借金癖というのは簡単に治らず、誰かが助け続ける限り続いてしまうと言います。その為、関わらないのが一番なのです。しかし、親子となれば関わらず過ごすことは簡単ではありません。

親子の縁というものは切りたくても切れるものではないですし、そのような法律はありません。

親の借金を返済する義務はない

親の借金を返済するはめになった子供というのは数多く存在しています。親が困っているからとお金を用立てるという姿は、親子愛のような錯覚を覚えますが、実はこれ返済する義務はありません。親が作った借金は親の借金であり、子供が返済する義務はないのです。

このルールは、債権者だって知っているはずです。しかし、親が困っているからと自分のことのように感じ、返済の手助けをしてしまう子供は少なくありません。特に成人している子供であれば、多少の援助が可能になってしまう為、それに甘えるかのように親も受け取ってしまうのです。

債権者から、子供に督促を行うことはありません。中には闇金のような悪意の満ちた業者であれば子供に連絡をし、借金の返済を迫ることがあるでしょう。しかし、先ほども言いましたが、子供に親の借金を返済する義務はないのです。

ただし、注意しなくてはいけないのが連帯保証人になっている場合です。この場合は、親の借金だからと言って逃げられるものではありません。親が借金癖があるとわかっているのであれば、連帯保証人になってほしいと頼まれても断る勇気が必要です。

親族関係調整調停

親から借金の返済を助けてほしいと頼まれた場合であっても、自分の生活が困窮するレベルならば助ける必要はありません。しかし、親からすれば自分たちが育ててきた子供が薄情だと感じるでしょう。中にはヒステリックにそのことを訴えてくるような親もいるかもしれません。

ですが、親の借金は親が返済するものであり、子供が責任を担う必要はないのです。お金を用立てる必要もなく、親自身が解決することが重要となります。それでも、親からすれば親のピンチを助けてくれないことを伝え続けられるでしょう。

そのような時は、「親族関係調整調停」を起こしましょう。親族関係調整調停というのは、親族の間で感情的な対立や紛争が起こった際に、家庭内での解決が難しいと判断された場合に利用できるものです。家庭裁判所が間に入り調停を起こし、話し合いを行っていきます。

これは借金に限らず、親子間のトラブルに利用できるものです。民事調停とは違い費用が一律1,200円という安さで利用できますので、困った時には利用してみるのも一つの方法です。調停員が間に入って双方の話を聞き、お互いが納得するような話し合いをしていきますので、親子間での話し合いが難しいと判断した場合には調停を起こすことも検討してみてください。

関連:借金の時効援用を行う場合、費用はどれぐらいかかるのか?

親子だからこそ解決が難しい

親の借金は子供にとってとても面倒なものです。たとえ、自分を育てる為にした借金であっても、子供に責任はありません。「お前を育てる為に借金した」と言ってくるような親もいるでしょう。そのようなことを伝えられてしまった子供は自分のせいだと思い込み、返済することが当たり前かのように感じてしまいます。

しかしながら、親が子供を育てるのは当たり前のことで、それに伴った借金であったとしても子供の責任ではないのです。そのことをしっかり理解しておくことが大切です。親子だからこそ解決するのは簡単ではありません。

親のピンチだからこそ、助けてあげたいと思う子供も少なくないでしょうが、借金癖がある親であれば生きている間続く可能性が高いと考えましょう。その状態に付き合っていけるのであればいいですが、ほとんどの子供はギブアップしてしまいます。

自分自身が悪いわけではないのに、借金について頭を悩ませ続けなくてはいけないのです。そこから脱することが悪いことのように感じますが、離れることは悪ではありません。親子と言えど、考え方も違うのです。親子だからこそ適度な距離というのが大切になってきます。

親と関わらず生きる方法を考える

親子の縁を切る法律というのは存在していません。なので、いくら親子の縁を切りたいと考えてもそれは無理なのです。ですが、親と関わらずに生きる方法というのは自分自身の気持ちさえあれば可能です。親を見捨てるという感覚になるかもしれませんが、子供の人生は親に左右されるものではなく、子供自身のものですから、その選択を責める人は誰もいません。

親と関わらず生きる為には物理的な距離が大切になってきます。近くに住んでいればそれだけで避けるのが難しくなりますので、まずは物理的に離れることが大切です。引っ越しをする際に、親に住所などを一切教えないというのも必要不可欠です。

場合によっては連絡先一つ教えないで引っ越すというのも考えなくてはいけません。親と関わり続けている以上、借金について悩まなくてはいけませんし、お金の無心をされかねません。離れることでその悩みから解放され、自分の人生を送ることができるのです。

親が借金を残して亡くなった場合であっても、財産を放棄することができますので借金の返済をする必要がありません。ただし、財産を放棄することになれば、家などの遺産に関しても放棄することになります。相続する場合は、財産になるものだけを引き継ぐのではなく、負の財産も受け継がなくてはいけません。

相続放棄の手続きは親が亡くなってから3か月以内にしなくてはいけませんので、残されている財産や借金などを見つけ清算しましょう。

関連:借金に関わる言葉を英訳できるようになって活用しよう

生活保護の申請がくることもある

親と関わらず生きていても、親子の縁が切れるわけではないので、親に何らかがあれば呼び出されてしまうことはあります。例えば、借金癖のある親の場合、頼るところがなくなると最終的に生活保護の申請をすることがあります。

生活保護を受給する為には、扶養する家族がいないかという点がとても重視されるので、戸籍を辿り子供に連絡をしてくるでしょう。親を扶養してくれないかと打診がきますが、これには無理だと伝えてください。扶養することができないと判断されれば、親も生活保護を受給することができます。

扶養できないからと言って役所の人が無理強いをしてくれることはありませんので安心してください。たとえ金銭的な余裕があったとしても、借金癖のある親を扶養に入れることはリスクしかありません。すでに自分の家庭を築いている場合は、自分の家庭のことだけを考えて生きてください。

一時的な同情心で助けてしまうとその大切な家庭までを壊してしまうこともありますので、よく考えて答えを出しましょう。